旭川市の歯科、デンタルクリニック、一般歯科、予防歯科、インプラント治療、ホワイトニング|武蔵デンタルクリニック公式サイト

旭川電気軌道バス1条22丁目停留所から徒歩1分
(無料駐車場11台完備)

お問合せ・ご予約はこちら

お問い合わせ・ご予約 TEL.0166-37-6340

受付時間 平日 9:00~19:00 土曜 9:00~15:30

インプラント治療

全身の健康を守るためのインプラント治療

ご自身の“残りの歯を守るための”インプラント治療。

通常、歯科治療では歯を失っている部位には入れ歯、もしくはブリッジと呼ばれる治療をします。しかし、それらの治療では残りの歯にその分の負担が掛かります。そのダメージが残っている歯に蓄積され、残りの歯の寿命を縮めてしまう結果になるのです。
インプラントでは他の歯に負担を掛けることなく、失われた歯の機能を取り戻すことができ、結果として、健康なほかの歯を守ることにつながります。

入れ歯の場合

歯を失ったところに入れ歯を入れて、残っている歯に「金属のバネ」を掛けるのですが、バネを掛けた歯(鉤歯)が、数年経つとぐらついてきます。左右に揺さぶる力や、釘抜きのように持ち上げるような力など、あらゆる負担が、バネを掛けた歯に襲い掛かってきます。さらに時が経過すると、その歯は更にぐらぐらになり、結局抜くことになることが多くあります。

このようにして、バネを掛けた歯は次々と欠損していきます。

ブリッジの場合

歯を失ったところの両隣の歯を、大きく削り、これを支台歯(ブリッジを固定するための土台に選ばれた歯)として、ブリッジを取り付けます。この支台歯には、大きな負担がかかりますので、ダメになりやすくなってしまいます。

この歯を抜くことになると、またさらに隣の歯を削ってブリッジをつくりますので、今度はもっと多くの歯の担うはずだった負担を、支台歯が担当することになりますので、さらに支台歯を失っていくことになるのです。

インプラントの場合

インプラントにすると、本来の歯数のバランスがとれますので、咬合圧(噛む力)による負担が少なくなります。また、健康な歯を削ったり、金属のバネを引っかけたり、他の歯に負担をかけることがありません。

つまり健康なご自身の歯を守ることができると言えます。

“欠損ドミノを食い止めるための”インプラント治療。

虫歯や歯周病で歯を失ってしまっても、「たった1本くらい、なんてことはない」と思われてはいませんか? しかし実はそのたった1本が、全身の健康を脅かす「欠損ドミノ」のスタートを切ってしまうのです。

欠損ドミノとは、1本の歯を失うことによってドミノのように次々とお口の環境が悪化し、さらに全身の健康にも支障が生まれていってしまう悪循環のことをいいます。欠損ドミノは、次のようなステージをふんで徐々に進行していきます。

一本の歯を失う

虫歯や歯周病によって、歯を1本失う。多くの場合、一番奥の歯「第一大臼歯」にはじまり、続いて「第二大臼歯」を失うことが多い。通常、部分入れ歯やブリッジによる治療が行われています。

複数の歯を失う

部分入れ歯やブリッジによって、周りの健康な歯に負担がかかり、複数の歯が失われる。

多数の歯を失う

咬み合わせが大きく乱れ、お口の環境のさらなる悪化によって、多くの歯が失われる。

メタボリックシンドロームへと進んでいく

自分の歯でしっかりかめなくなることで、肥満、高血糖、高血圧などの危険因子が重なり合った状態である、メタボリックシンドロームへと進んでいく。

重大な死の病へ

食事という大切な生活習慣の乱れやメタボリックシンドロームが続くことで、肥満や糖尿病、高血圧などの症状にはじまり、ゆくゆくは心筋梗塞や脳卒中、認知症など、取り返しのつかない事態を招いてしまう。

このように、たった1本の歯を失ったことから、まるでドミノ倒しのように進行する“欠損ドミノ”
現在の治療方法では、この欠損ドミノの進行を食い止めることができるのは、唯一“インプラント治療”だけなのです。

“欠損ドミノを食い止めるための”インプラント治療。

虫歯や歯周病で歯を失ってしまっても、「たった1本くらい、なんてことはない」と思われてはいませんか? しかし実はそのたった1本が、全身の健康を脅かす「欠損ドミノ」のスタートを切ってしまうのです。

欠損ドミノとは、1本の歯を失うことによってドミノのように次々とお口の環境が悪化し、さらに全身の健康にも支障が生まれていってしまう悪循環のことをいいます。欠損ドミノは、次のようなステージをふんで徐々に進行していきます。

“あごの骨を守るための”インプラント治療。

部分入れ歯やブリッジでは、どうしても固定するための健康な歯に負担をかけてしまいます。また、咬む力が顎の骨に伝わらないことで、顎の骨はどんどんやせていってしまいます。その点インプラントなら、失った歯単独での治療となるため、周りの歯に負担をかけることがありません。また、咬む力が顎の骨にしっかりと伝わり、やせるのを防ぐこともできるのです。いったん入れ歯にして顎の骨がやせてしまえば、その後でインプラントにしたいと思っても、その分手間と費用がかさみます。

インプラントは、お口の環境、また全身の健康維持のためにもっとも適しているといえる治療なのです。

“おいしく食事をとるための”インプラント治療。

インプラント治療は、歯を失ってしまった部分の、顎の骨の中に、生体親和性が高く安全なチタン製のネジの様な人工の歯根を入れ、その歯根の上に人工の歯を装着する治療です。

人が物を噛むときの力は想像以上に大きいものですが、顎の骨に埋め込むことで、天然歯と同じように噛む機能を改善し、強く噛むことも可能です。また 上部構造の歯冠の色や形も、最新の歯科技術によって、自分の歯と同じように作ることが可能です。

乳歯、永久歯に続く「第三の歯」とも言われています。自分の歯と変わらないように、しっかり噛めて、おいしく食べることができるようになることは、全身の健康を守ることへとつながっていきます。

もしも歯周病になってしまったら歯周病治療

武蔵デンタルクリニック

〒078-8211旭川電気軌道バス1条22丁目停留所から徒歩1分
(無料駐車場11台完備)

TEL.0166-37-6340 FAX.0166-37-6341

● 平日(受付時間 9:00~19:00)

AM9:00~13:00PM14:30~19:00

※都合により変更になる場合がありますので事前にご確認ください。

● 土曜(受付時間 9:00〜15:30)

AM9:00~12:30PM13:30~15:30

● 休診日

日曜・祝日

地図

ページトップへ戻る

スマートフォンサイトへ