旭川市の歯科、デンタルクリニック、一般歯科、予防歯科、インプラント治療、ホワイトニング|武蔵デンタルクリニック公式サイト

旭川電気軌道バス1条22丁目停留所から徒歩1分
(無料駐車場11台完備)

お問合せ・ご予約はこちら

お問い合わせ・ご予約 TEL.0166-37-6340

受付時間 平日 9:00~19:00 土曜 9:00~15:30

インプラント治療

当院のインプラント治療

インプラント治療について。

インプラント治療は、インプラントの種類、手術方法、歯科用CT設備の有無、使用する骨補填剤の種類、術者の技術などにより非常に大きな差が生まれます。 当クリニックでは患者さまに負担をかけないやさしい安全なインプラント治療を目指しています。

痛みや腫れが出にくい治療方法を採用し、状態によっては抜歯と同時にインプラント手術も行います。また、信頼性のある「カルシテックHAインプラント」を使用することにより早期に骨と結合することができます。

歯科用CTも完備しているため、安心安全にインプラント手術を行うことができます。

成功率99.5%“カルシテックHAインプラント”を採用。

「HAインプラント」はチタンの表面に使われている材料が「ハイドロキシアパタイト」と呼ばれ、“顎の中で積極的に骨と結合しようとする生体活性材料”です。

カルシテックインプラントはアメリカのカルシテック社が製造している、HAコーティングのインプラントです。HAとは「ハイドロキシアパタイト」の略で、HAは骨の無機質の大部分を占めるものです。

インプラントの表面をHAでコーティングすることによって、インプラントと骨の結合「オッセオインテグレーション」を促進しようというのが、HAコーティングの狙いです。カルシテックのHAコーティング技術はMP-1と呼ばれ、97%のHA結晶構造を有しています。

その結果、HAコーティングの問題点であった剥離や吸収などの問題がほとんど報告されていません。

  • チタンは“オッセオインテグレーション”
    チタンと骨は完全に接触していない

    チタンインプラント

    チタン-骨界面の電顕像。両者はムコ多糖体タンパクを介してわずかなギャップが存在し、ミクロレベルでは完全に接触していない。※1

  • HAは“バイオインテグレーション”
    HAと骨はカルシウムにより直接結合する

    HAインプラント

    HAと骨の界面にはCaが沈着し、両者は生化学的に直接骨結合する。これが“Biointegration”である。HAコーディングインプラントの意義はまさしくこのBiointegrationによるものと考えられる。※2

※1、※2:Meffert RM.Maxilla vs mandble : why use HA? : Compend Contin Educ Dent 1993; suppl 15:S533-538.

当院では患者様の負担を最低限に留める“抜歯即時埋入法”も可能。

「HAインプラント」が可能にする、“抜歯即時埋入法”によるインプラント治療。

「抜歯即時埋入法」とは、抜歯をしたその日にインプラントを埋入する治療方法で、患者様の体の負担を大幅に軽減できます。
従来、虫歯や歯周病で抜歯が必要と判断されてインプラント治療を行う場合には、抜歯後の炎症が治まるまで期間をおいてからインプラントを埋入するのが一般的でした。その場合、2回の手術を行わなければならず、治療も長期間に及ぶため、患者様に大きな負担がかかっていました。 このような患者様の負担を軽減する画期的な治療法が「抜歯即時埋入法」です。

骨と結合する特性を持ったHA(ハイドロキシアパタイト)がインプラントにコーティングされているので、抜歯後すぐにインプラントができるうえ、骨密度の低い方でも治療可能になりました。

「抜歯即時埋入法」は、通常のインプラント手術と比べて非常に繊細で高度な技術を要します。
インプラントの種類の選択、手術器具・消毒薬の選択、埋入方向・深度、感染防止を考えた縫合法など、一つひとつの手技に正確な判断と、的確に手術を施行する高度な技術が求められます。
これは、勤務医時代に、東京で、抜歯即時インプラントの第一人者の元で、徹底的に磨いてきた技術です。

「抜歯即時埋入法」は、すべての患者様に対応できるわけではなく、一定の条件を満たす場合にのみ適用できます。
また、歯科用CTで骨の状態を確認しながら行うので、切開も最小限で済みます。短期間で痛みや腫れの少ない、患者様へのダメージを抑えた理想的な治療方法です。

インプラント治療の“流れ”。

“一回法”によるインプラント治療。

一回法は、骨の量が十分にある方向けの治療法です。インプラントを顎の骨に埋め込んだ後、頭部分を外に露出させておきます。その後、インプラントと骨の結合を確認してから、人工の歯を装着します。外科手術が一回で済みますので負担は少なくなりますが、適応できない場合もあります。

  • ①骨にインプラントフィクスチャーを埋入します。
  • ②フィクスチャー埋入と同時に、アバットメント、もしくはヒーリングキャップをフィクスチャーに連結し、その部を口腔内に出したまま歯肉の治癒をさせます。
  • ③インプラントが噛むことに耐えられるようになった段階で、アバットメントに人口の歯をセットします。

“二回法”によるインプラント治療。

二回法は、一回法と同様インプラントを埋め込み、一度歯茎を閉じてインプラントと骨が結合するのを待ちます。その後、再度歯茎を切開し、アバットメントと言われるインプラントと人工歯を結合するための支台を取り付けてから、人工歯冠を装着します。手術が2回ありますので手間や期間がかかりますが、成功率も高い治療法です。

一次オペ
骨にインプラントフィクスチャーを埋めこみ、フィクスチャーを完全に覆うように縫合し、歯肉を治癒させます。

二次オペ
インプラントが咬合力の負荷に耐えられるようになった段階で、二次オペを行います。二次オペでは、歯肉を少しだけ切開し、インプラントの上部のみを出し、アバットメント、もしくはヒーリングキャップを連結します。歯肉が治癒した段階で、アバットメントに人口の歯をセッします。

骨の量が足りなく、“インプラント治療を諦めてしまっている方”へ。

これまでに、「あごの骨の幅や高さが無いのでインプラント治療をすることができません。」という説明を受けた方も、あきらめずに、まずはご相談ください。

他院の先生も、特に簡単に投げ出したというわけではなく、このような場合には特別な術式を取らなければならないため、患者様のことを考え、得意ではない術式を取るというリスクを避けられたのだと考えます。顎の骨の幅や高さなどが足りない場合には、インプラントの手術を行う際に、いくつかの特別な術式を取ることで、インプラントの埋入が可能になることが多くあります。

例えば、人工骨の移植となると、術者としては、専門の知識と技術の習得が必要になります。また、徹底した滅菌・衛生対策を行っている医院でないと、細菌やウイルスなどの感染リスクが高まってしまいます。

武蔵デンタルクリニックでは、骨が少ない場合の、いわゆる「難症例」の場合でも、多くの患者様がインプラント治療を諦めずに受けていただけるように、インプラントの得意な歯科医師として、様々な術式を学び、習得しています。
また、徹底的な院内感染防止対策も行っています。いわゆる「難症例」の場合にも、まずはご相談ください。

骨の幅や高さが足りない場合の“サイナスリフト法(上顎洞底拳上術)”について。

インプラント治療を行うにあたり、骨の幅や高さがない場合、インプラント治療ができない場合があります。その場合に、上顎骨の上に存在する空洞(上顎洞)に骨造成を行い、インプラント治療を可能にする方法があります。その方法のうちのひとつが「サイナスリフト法」です。

サイナスリフト法は、上顎にインプラントを挿入するスペースを確保するため、骨が薄い部分の上顎洞に自家骨や骨補填剤を置き、そこに骨を作り、顎の骨量を増す治療法です。「サイナスリフト法」は「外科的侵襲が大きくなる」「治療期間が長くなる」ことが短所ですが、増骨が終了した後、インプラントの埋入は、ほぼ100%近い成功率を得ることができます。

  • 上顎洞側壁骨の相当部の歯肉を切開します。
  • 上顎洞の側方の骨を上顎洞の内側には「シュナイダー膜」と呼ばれる非常に薄い粘膜上皮が覆っており、それを剥がしていきます。最近はこの時に、より安全に処置のできるピエゾと呼ばれる最新の機械も出てきています。
  • 骨窓を下から内側に押し上げて上顎洞底部の粘膜を挙上し、上顎の骨との間に隙間を作ります。
  • その隙間に骨となるもの(自分の骨か、人工の骨のもととなるもの)を入れて、それが固まる(骨ができあがる)のを4〜6ヵ月待ちます。

骨の幅や高さが足りない場合の“ソケットリフト法(上顎洞底拳上術)”について。

「ソケットリフト法」は、インプラント体の挿入口から、移植骨や骨補填材を挿入して、よりシンプルかつ安全に上顎洞の底部分を押し上げるテクニックです 。

「ソケットリフト法」は骨を増やす量に限界があるため、比較的オリジナルの骨の量がある場合に用いられる手法で、オリジナルの骨量が10-12mm程度の場合に行われます。この手法はサイナスリフト法と呼ばれる手法のひとつで、上顎の骨を隔てたすぐ上、頬骨の奥にある上顎洞と呼ばれる空洞を利用して骨移植材を充填し、骨に厚みを加える技術です。

まず、上顎の骨にドリルを使って、孔を開けます。このドリルの先には上顎洞がありますが、貫通する直前でドリルをストップさせます。そこから専用の器具で、徐々に上顎洞粘膜に覆われている上顎洞を押し上げていきます。

「ソケットリフト法」は、インプラントを埋入するための穴から骨造成を行うため、サイナスリフト法に比べて外科的侵襲がはるかに少ないのが特徴です。

  • ①このままでは、インプラントが上顎洞を突き抜けてしまいます。
  • ②骨幅確保のため専用機器で上顎洞の骨を押し上げ、スペースに骨補填剤を充填しながら、骨幅を広げます。
  • ③安定した骨になってから、インプラント手術を行います。

骨の幅や高さが足りない場合の“GBR法(骨再生誘導法)”について。

「GBR法」は「骨再生誘導法」とも言い、吸収したり破壊されたりしている歯槽骨を再生させる方法で、歯槽骨が薄くてインプラントを埋め込むだけの骨の厚みが足りない場合も、インプラント治療ができるようになります。

骨の幅が薄い部位にインプラントを埋入すると、部分的に露出してしまいますので、その露出した部分を人工骨によって補い、その上を人工の膜で覆います。その後、剥離した歯肉を縫合して終了します。「GBR法」は、このようにして骨の再生を促す治療方法です。

人工骨は一度吸収し、その後血液の供給によって新しい骨ができます。はじめに填入した人工骨のすべてが新しい骨になるわけではなく、30%~40%が吸収され、約60%~70%程度の量の骨が新たにできます。

※1回で目標の骨の量ができない場合は、2~3回GBR法を繰り返します。

骨の幅や高さが足りない場合の“骨移植”について。

「骨移植」は、顎の骨が非常に痩せていて、GBR法では間に合わない場合、患者さんご自身の骨をブロック状に採取して移植する方法です。顎の骨が大きく欠損している場合でも、補うことができます。

① ブロック骨は、多くの場合、下顎の親知らずの付近から採取します。
② インプラントを埋入する予定の場所に、ブロック骨を専用のチタンのスクリューで固定します。
③ ブロック骨のすき間を、粉砕した自家骨や人工骨で埋めて、人工の膜を被せます。
④ ブロック骨と人工骨が安定するまで、4~6ヶ月待ちます。
⑤ チタンのスクリューを取り除き、インプラントを埋入します。

武蔵デンタルクリニックでは、このように骨の幅や高さが足りないという患者さまに対しても
高度な術式をもって対応しておりますので、骨が少ないという理由でインプラントを
断念された方も諦めず、まずは当院にて無料カウンセリングをお受け下さい。

お問い合わせはこちら

インプラント治療における“CT検査”について。

インプラント治療にはレントゲン撮影だけでは不十分です。武蔵デンタルクリニックでは、安心・確実なインプラント治療には、通常のレントゲンだけでなくCT検査が必要不可欠と考えています。

では、なぜレントゲンだけでは不十分なのでしょうか。レントゲンで得られる情報だけでインプラント治療を行うのは危険です。
なぜなら、レントゲンで得られるのは、あくまで「二次元」の画像なので、顎の骨の形が平面的にしかわからず、骨の高さや幅まで正確に把握することはできないからです。もしも、そのままインプラント治療を続けてしまうと、歯茎を切開した後になって、骨の量が不足していることに気がつき、治療中断などということ考えられます。インプラント治療は顎の骨に直接インプラントを埋め込むので、骨が薄い箇所や、重要な血管や神経を避けなければなりませんので、正確な顎の情報がないと、危険な治療になってしまう可能性があります。

CTスキャンは“コンピュータ断層撮影”と言い、得られる情報は「立体画像」となり、目的の部位を水平、垂直、斜めと3次元表示ができるため、インプラントの埋入部分の骨の状態や傷つけてはいけない神経の位置まで確認ができます。
そして、CTは、コンピュータ上で手術シミュレーションも可能で、ほぼ原寸大の大きさでシュミレーションできるため、適切なインプラントの長さや大きさや埋入位置などを選択することができます。的確な治療計画を立てられるということは、それだけ安全にインプラント治療が行えるということになります。

ただ、CTは非常に高価なため、全国的に導入が進んでいないという現実もあります。 安心・確実なインプラント治療を希望する場合は、CT検査が受けられる歯科医院を選びましょう。

インプラント治療後の“メインテナンス”について。

インプラントの治療後、放置していても大丈夫かというと、そんなことはありません。
定期的なメインテナンスを受けなかったり、日常の手入れが悪ければ、歯周病の様な状態になり、高いお金を払って埋入したインプラントを除去したり、再手術しなければならない可能性もあるのです。インプラントの最大の敵はインプラント特有の歯周病「インプラント周囲炎」です。インプラント周囲炎は、人工歯根を支えている骨を溶かしてしまいます。したがってインプラント治療後も歯周病予防・治療と同じように、定期メインテナンスを受けることが必要になってきます。

メインテナンスは、だいたい3ヶ月から6ヶ月に1回くらいのペースが一般的です。メインテナンスでは、インプラントの周囲に炎症が発生していないか、噛み合わせのバランスに問題がないかなどをチェックします。噛み合わせは、天然歯のように自然に調整ができないため、噛み合わせが変化することでインプラントに過度の力がかかってしまい、壊れる原因となったりすることもありますので、定期的にメンテナンスをすることが、末永くインプラントを長持ちさせるためには必要不可欠といえます。

インプラントの歴史は40年と言われていますが、インプラントの寿命として、10年~15年で約90~95%の生存率と言われています。ブリッジは10年で50~70%、入れ歯は5年で40~50%と言われていますから、それに比べてインプラントの寿命は相当長いと言えます。

しかし、インプラントの寿命の長さにはいくつかの条件があります。その一つは、「毎日の念入りな歯磨き」です。食べたら磨くという習慣をつけて、ブラッシングの方法も、歯科衛生士の指導を守るようにしなければなりません。もう一つは、「定期メインテナンス」です。インプラントには神経はありませんから、感染が発生しても自覚症状はありません。インプラントの状態、歯肉の状態、かみ合わせなど定期的なチェックを行なっていないと手遅れになってしまう可能性もあります。

歯医者の中にはインプラント10年保証というような保証制度があるところがありますが、それも定期メンテナンスを受けることが条件となっていることがわかります。インプラントを20年、30年と維持させるのは自分の行動次第ということになりますから、寿命が長いから大丈夫とは思わずに、日頃の歯磨きや定期メンテナンスを怠らないことが重要です。

武蔵デンタルクリニックでは、インプラント治療後の定期メインテナンスを特に重要視しています。 治療して終わりではなく、治療は「始まりなのです」。全身の健康のために、インプラント治療をキッカケとして、しっかりとした定期メインテナンスを受けられることを強くおすすめいたします。

もしも歯周病になってしまったら歯周病治療

武蔵デンタルクリニック

〒078-8211旭川電気軌道バス1条22丁目停留所から徒歩1分
(無料駐車場11台完備)

TEL.0166-37-6340 FAX.0166-37-6341

● 平日(受付時間 9:00~19:00)

AM9:00~13:00PM14:30~19:00

※都合により変更になる場合がありますので事前にご確認ください。

● 土曜(受付時間 9:00〜15:30)

AM9:00~12:30PM13:30~15:30

● 休診日

日曜・祝日

地図

ページトップへ戻る

スマートフォンサイトへ