旭川市の歯科、デンタルクリニック、一般歯科、予防歯科、インプラント治療、ホワイトニング|武蔵デンタルクリニック公式サイト

旭川電気軌道バス1条22丁目停留所から徒歩1分
(無料駐車場11台完備)

お問合せ・ご予約はこちら

お問い合わせ・ご予約 TEL.0166-37-6340

受付時間 平日 9:00~19:00 土曜 9:00~15:30

小児歯科

どうして虫歯菌に感染するの!?

虫歯菌の感染経路について。

虫歯菌はもともと口のなかにあったものではありません。生まれたばかりの赤ちゃんはほとんど無菌の状態なのです。ではどこからどのようにして口の中に住みつくのでしょうか?それは大人の口の中にいる菌が赤ちゃんに感染するからなのです。

離乳食の頃、大人が子供と同じスプーンを使って味見をしたり、硬いものを自分の口で噛んで柔らかくして与えたりすることで、大人の虫歯菌や歯周病菌が少しづつ子供の口の中に住みついてしまうのです。この大人から赤ちゃんへのむし歯菌の感染は、生後19カ月~31カ月の間に集中しています。この時期に虫歯菌の感染を防げば、子供の虫歯のリスクはかなり減らせます。

いったん口の中に常在し定着してしまった菌をコントロールするのはお母さんだけでは難しいです。丁寧な歯磨きでプラークを取り除くことは出来ても細菌をなくすことは出来ませんので、歯科医院でプロフェッショナルケアを受けることをおすすめします。周りの大人の方は「赤ちゃんの事は、赤ちゃんだけのこと」と考えず、ご自分の口のなかを清潔にし、虫歯や歯周病の治療を済ませるだけでなく、バイオフィルムの除去をしておくことも重要です。

では、19ヶ月~31ヶ月の間赤ちゃんにキスしたり赤ちゃんが手を伸ばしてお母さんの口に入れた指を自分の口に入れたりしてはいけないのかしら?誤解しないでください。これらはスキンシップとして大切なもので、決して否定するものではありません。
むしろ積極的にスキンシップをするために、大人の口の中を良い状態にしておく事が大切で、状態が良ければ赤ちゃんに虫歯や歯周病の原因となる悪い細菌は感染しません。

ミュータンス菌の増え方

虫歯の原因となるミュータンス菌は、生まれたばかりの赤ちゃんの口にはいません。

歯が生えてこないうちは、ミュータンス菌は住みつきません。

歯が生えてきたらミュータンス菌はさっそく住みつきます。
(生後6ヵ月~3歳までが、最も感染しやすい時期です)

虫歯菌の感染予防。

虫歯菌はもともと赤ちゃんが持っているものではなく、大人の持っている菌が感染して子供の口の中に住みつくのです。その感染期生後19ヶ月から31ヶ月の間の感染予防には、まとめると次の事が考えられます。お口の中の細菌はたくさんありますが、特にむし歯の原因となるものを悪玉菌、原因とならないものが善玉菌です。

感染源となる大人(特に保護者)の悪玉菌を減らす
そのためには口腔衛生指導やPMTCなど歯科医院でメインテナンスを受ける。
感染経路を遮断する
子供と同じ箸やスプーンを共有しない。噛み与えをしない。
31ヶ月までのむし歯菌感染を予防できればその後のむし歯予防がとても楽になります。
又、感染時期が遅いほどむし歯は軽症で済みます。
子供のショ糖摂取を控える
悪玉菌が子供の口の中に感染する時点ですでに存在すると悪玉菌が定着しやすいため。加えてこの時期にショ糖の味を覚えてしまうと、その量が増える事はあっても、なかなか減らす事が難しくなります。

一緒に生活する上で、ミュータンス菌の感染を完全に防止することは難しいですが、まずは赤ちゃんのそばにいる周囲の人たちが、おロの中を清潔に保ち、ミュータンス菌を減らすことからはじめましょう。その中でも、お母さんのお口の健康がなによりも大切です。最も効果があり理想的なのは、妊娠期の母親の口腔ケアからお子さまへの虫歯予防をスタートさせることです。

お子さまへの感染の時期が遅いほど、お子さまの虫歯予防につながります!

もしも歯周病になってしまったら歯周病治療

武蔵デンタルクリニック

〒078-8211旭川電気軌道バス1条22丁目停留所から徒歩1分
(無料駐車場11台完備)

TEL.0166-37-6340 FAX.0166-37-6341

● 平日(受付時間 9:00~19:00)

AM9:00~13:00PM14:30~19:00

※都合により変更になる場合がありますので事前にご確認ください。

● 土曜(受付時間 9:00〜15:30)

AM9:00~12:30PM13:30~15:30

● 休診日

日曜・祝日

地図

ページトップへ戻る

スマートフォンサイトへ