武蔵デンタルクリニック

予防歯科

住所
旭川市1条通23丁目11-39
診療時間
平日 9:00〜19:00 土曜9:00〜15:30

TEL

歯周病は歯周病菌による“感染症”です

 歯周病は歯周病菌による感染症で、
歯周病菌はバイオフィルムやプラーク
などの頑固なバリヤに守られ、ご自身の
ハミガキだけでは除去できません。

歯周病は、人類史上、最も感染者の多い感染症として、ギネス・ワールド・レコーズに認定されています。
しかし、それほど多くの人がなっている病気であるのに、単なる生活習慣病で、せいぜい歯ぐきから血が出る程度のもので、直接生命に関わる病気ではないと思われがちですが、糖尿病、動脈硬化、自己免疫疾患、心臓血管障害、腎臓病、肥満など、生命に関わるような全身疾患につながることがわかっている、「感染症」なのです。

お口の中には、数百種類もの細菌が存在し、微妙なバランスを保っています。しかし、そのバランスが崩れ、「歯周病菌」と呼ばれる菌が、「バイオフィルム」という膜状のバリヤのようなものを作り、歯と歯ぐきの境目の部分で異常増殖をはじめると、歯周組織に異変がおきてきます。

歯と歯ぐきの境目の部分で異常増殖した歯周病菌は、歯と歯ぐきのくっつきをはがし、「歯周ポケット」と呼ばれる隙間を作っていきます。歯周ポケットができると、歯周病菌はどんどん深くまで入り込み、とうとう、歯を支える骨である「歯槽骨」を溶かしてしまい、最後は歯が抜け落ちてしまいます。

健康な歯と歯ぐきの境目の部分の場合、バイオフィルムを作っている菌の大部分は、常在菌(グラム陽性好気性球桿菌=空気を好む菌)と呼ばれるものであり、歯周病を起こしません。一方、歯周病の歯周ポケットの中では、バイオフィルムを作っている菌の大部分は、歯周病菌(グラム陰性嫌気性球桿菌=空気を嫌う菌)と呼ばれるものです。このように、健康な歯と歯ぐきの境目と、歯周病の歯周ポケットのバイオフィルムの細菌のバランスには、大きな違いがあり、歯周病になってしまった歯周組織を健康に戻すためには、お口の中の「歯周病菌の絶対数を減らす」必要があります。

日本人の80%が“歯周病”ともいわれています

 中高年や高齢者だけでなく、若年層でも注意が必要です。

日本人の歯周病の状況をみてみると、ピークは50代で、全体の87.4%にも及びます。高齢者の数値が減っているのは、すでに歯周病などで歯を失ってしまっているからです。

日本人が“歯を失う原因の一位”は歯周病です

歯周病になると“歯を支える骨(歯槽骨)”が溶かされてしまいます

 歯周病菌は歯を支える骨を
毒素により溶かしてしまいます。

歯周病菌は「嫌気性細菌」といわれ「空気を嫌う細菌」です。歯周病菌は、歯周ポケットの中のより深くへ深くへと、空気の薄い場所を求めて、歯を支える骨を毒素により溶かし(正確には毒素から骨が逃げるように退縮)続けていき、深部にまで進行していきます。その結果、歯はグラグラになり、ついには抜け落ちてしまうのです。

  • 歯肉炎

    歯石や歯垢がかたまり始め、歯肉(歯ぐき)が赤く腫れています。歯磨き時の出血も出てきます。

  • 初期歯肉炎

    見た目は歯肉炎と変わりませんが、腫れが大きくなり、骨も溶け始めています。

  • 中等度歯肉炎

    骨が溶け、歯が動き始めます。歯肉も赤く腫れ上がり、口臭・出血・不快感が出てきます。

  • 重度歯肉炎

    歯肉は化膿し、真っ赤です。歯根も歯石で覆われています。すでに歯を支えるのも困難になっています。

診療科目

ホーム院長・スタッフ
院内のご案内医療設備について
診療内容交通・診療時間
お問合せ・ご予約採用情報

診療内容

予防歯科歯周病治療
一般歯科小児歯科
ホワイトニング審美歯科
インプラント治療 

リンク一覧

公式ブログ公式Facebook
公式Twitter武蔵デンタルクリニック
インプラントサイト